礼拝の流れ

 前奏           礼拝は神との会見のときです。黙祷のうちに備えます。
 招詞* 礼拝は神からの招きが大前提です。
招きのことばが宣言されます。
 讃美* 招いてくださった神をほめたたえます。
 祈祷 司会者が代表して祈ります。祈りの言葉を聴きましょう。
 主の祈り イエス・キリストに教えていただいた祈りをささげます。
 讃美* 神のことばを旋律に乗せて互いに語り合います。
 交読文 聖書のことばを一節ずつ交読し、互いに教え合います。
 牧会祈祷 牧師が教会と地域のために祈ります。説教への架け橋でもあります。
 讃美* 神に聖書のことばを求めます。
 聖書朗読 説教の聖書箇所が牧師によって朗読されます。
 説教* 朗読箇所を牧師がわかりやすく説き明かします。
聖書朗読と説教は礼拝の心臓部と言われます。
 讃美* 語られたことばに応答します。
 聖餐式 イエス・キリストの十字架を覚え、救いに感謝する時です。クリスチャン以外の方もその場にいていただいて結構ですが、そこで配られるパンとぶどう液はお取りにならずに黙祷のうちにこの時を過ごしていただきます。
 献金 神が日々与えてくださっているもの一つ一つの感謝を、献金という形に表して神に献げます。任意ですので、ご用意の無い方はなさらなくて結構です。
 頌栄* 三位一体(御父・御子・聖霊)の神の栄光をほめたたえます。
 祝祷* 牧師が、会衆の祝福と派遣のために祈ります。心を合わせて祈りましょう。
 後奏* 奏楽を聞きながら、礼拝のすべてを振り返って感謝の祈りをささげます。
 報告 教会の予定や案内を報告します。
 *印の所ではご無理のない範囲でご起立ください。